fc2ブログ

記事一覧

秋葉山圓通寺・浅野祥雲作の毘沙門天と鬼

一時期、大仏や浅野祥雲作のコンクリート像を見て回っていた老猫ですが、多忙のためなかなか出歩けない日が続いています。

でも仕事漬け、家と会社の往復だけではストレスがたまるので、近場の探索を再開しました

という訳で復帰第一段として向かったのが、熱田神宮の隣にある秋葉山圓通寺です♪



このお寺の境内には、こんな像が立っているんですよね



手前に香炉を持った鬼が二人(二匹?)いますが、浅野祥雲の特徴が良く出ていてコミカルな表情ですね

香炉を持たされて悲しそうな鬼(/。\) ↓



こちらの鬼は、逆にやたらと楽しそうです♪



後ろ姿の踏ん張り具合もユーモラスですね



真ん中に立っている毘沙門天は、なかなかのイケメンです\(^o^)/



浅野祥雲の特徴である風にたなびく衣の裾が格好いいです。これを見ると、逆風の中で歌っていた西川貴教さんをいつも思い出します(-。-)y-~



まだしばらくは遠出は出来そうにないけど、近場のB級スポットを攻めてみようと思います♪
スポンサーサイト



コメント

No title

色がいかにも鬼色ですね(どんなんや?)

No title

のぼさん
鬼色ってこんななんですかねhttps://s.yimg.jp/images/mail/emoji/15/ew_icon_s351.gif">

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

名古屋の老猫

Author:名古屋の老猫
名古屋と北陸地方を中心に食べ歩き、見て歩きをした記録を綴ってます。 

月別アーカイブ

訪問者カウンター