fc2ブログ

記事一覧

恋人の聖地 恋路海岸に行ってきました♪

珠洲デカ曳山祭りを見た老猫が、能登町七見にある温泉に入りに行こううと車を走らせていると、車窓から恋路海岸の文字が目に飛び込んできました



また恋人の聖地か(-。-)y-~

と思いつつ、立ち寄ってみることにしました。現地には恋路海岸の由来が書かれていました。曰く…



「その昔、深い恋仲となった2人の若者、鍋乃と助三郎がいました。鍋乃に思いを寄せる恋仇の男の罠のため、助三郎は海の深みにはまって命を落としてしまいました。鍋乃も助三郎の後を追って海に身を投げ死んでしまうという悲しい恋の伝説から、いつしかこの地が恋路と呼ばれるようになりました」

だそうです。ざくっと纏めすぎでよく分かりませんが、こう言う事のようです

鍋乃さんがいる所の目印に灯りを点けていて、助三郎さんはそれを目安に鍋乃さんを訪ねていたらしいのですが、恋敵の男が海に灯りを点けたものだから、助三郎さんはどんどん海の中に入っていって溺れちゃったらしいです(°Д°)

途中で気付けよ(゜o゜)\(-_-)

とか、青色LEDがノーベル賞を貰ったし、今なら灯りは省エネのLEDかななんて思ったりしますが、まあ伝説ですからね

でも悲恋の地を恋人の聖地にしちゃっていいんですかねf(^_^)

現地にはこんなのが立っています



ハートの中に鐘がぶら下がっていますが、これを鳴らすと幸せになるらしいです



フェンスに南京錠を掛けると愛を永遠に繋ぎ止められるらしいです。恋人の聖地でよく見かけるやつです



ソフトクリーム岩

非常に脆いので、登ると岩と一緒に恋も砕けちゃうらしいです

なるほど…

でも、老猫には繋ぎ止める愛も砕ける恋もありませんから~(/o\)
切腹~~~(by ギター侍)



ちなみにソフトクリーム岩は、凝灰角礫岩の風化・侵食で出来たものみたいでした。地質屋としては、こちらの方が面白いですね
スポンサーサイト



コメント

No title

北陸にも、色々あるんですね、恋人の聖地。
僕も1ケ所、北陸道の杉津PAで記事にしたことがあります。
40年前なら楽しかったでしょうね・・・・。

No title

あれ~、行ったつもりになっていたけど、

恋路海岸って、素通りしてるかも(^_^;)

来年の夏あたり、確認しに行かねば(笑)

No title

のぼさん
最近は至る所が聖地化してますよね。

No title

すむナビさん
恋路海岸の看板が出ていたから、ここが恋路海岸の中心だと思いますよ♪

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

名古屋の老猫

Author:名古屋の老猫
名古屋と北陸地方を中心に食べ歩き、見て歩きをした記録を綴ってます。 

月別アーカイブ

訪問者カウンター