fc2ブログ

記事一覧

尾山神社の擬洋風建築 神門♪

金曜日のお昼をめるつばうさんでいただいた老猫は、徒歩10秒の距離にある尾山神社を参拝しました



金沢には藩政時代のお寺や神社なんていくつもありそうなので、当然ここもそうだろうと思うと、おっとびっくり( ̄□||||!! 明治6年の創建だそうです。



加賀藩祖の前田利家と正室のお松の方が祀られているということで、金沢では有名な神社ですが、老猫のような建物好きにとってたまらないのがこちら↓



神門\(^o^)/

明治8年に建てられた神門は、和漢洋折衷の3層式で、明治初期に建てられた数少ない擬洋風建築遺構の1つということで、重要文化財に指定されているそうです



松本の開智学校を代表とする明治初期の擬洋風建築は、西洋建築を見よう見まねで作った体のキッチュさと、それを作った棟梁の高い技術力とが相まって独特の魅力がありますが、尾山神社神門は漢の要素までてんこ盛りにしちゃったというんだから面白くない訳ないですよね





去年の夏の終わり~秋頃だったか、尾山神社から金沢城辺りで熊の目撃情報が何度かニュースになっていましたが、その熊さんも先日お縄になったようです

少し歩けば金沢城や兼六園、四高記念館なんかもあるし、これからの季節の散歩コースとして最適ですね
スポンサーサイト



コメント

No title

かなりの年代物の建物ですね。
明治初期と言えば100年以上前になるんですね。

No title

のぼさん
明治8年だから140年くらい前ですね。
なかなか面白い建物です。

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

名古屋の老猫

Author:名古屋の老猫
名古屋と北陸地方を中心に食べ歩き、見て歩きをした記録を綴ってます。 

月別アーカイブ

訪問者カウンター