fc2ブログ

記事一覧

岐阜市・国指定登録有形文化財 旧加納町庁舎

旧中山道加納宿を歩いていて見かけた古い建物と言えば「旧加納町庁舎」。

大正15年に建てられたもので、国指定の登録有形文化財だそうです。岐阜県のHPには、こんな解説が書かれていました↓

「鉄筋コンクリート造2階建のモダニズム建築である。平面は鉤型で、正面の北に玄関を突出している。外壁は、腰を石積風、上部の表面をドイツ壁風に仕上げている。窓は、縦長を基本としているが、1階西側の南と北は、半円形の大窓で、玄関に架けたアーチと調和させている。設計は、武田五一である。」

建築好きの老猫は、どんな建物か楽しみにしながら中山道を進んでいくと、道の右手に旧庁舎が見えてきました



中に立ち入れないようにバリケードがされていますね(゜-゜)(。_。)



何でも耐震強度不足で立入禁止措置が取られているようです(>_<)



建物は人が住んだりメンテナンスをしたりしないと急速に劣化しますが、この建物を見たら登録有形文化財と言うよりは、老朽化して放置された廃墟に見えてしまいました(>_<)



文化財と言う位置付けを考えると、現住建築物のようにバシバシ耐震補強をすれば良いというものではありませんが、このまま置いておくのも勿体無いなって思う老猫なのでした
スポンサーサイト



コメント

No title

壁の色が、かなりの年月を感じさせますね。

No title

のぼさん
もう少し上手い保存の仕方があるといいですよね…

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

名古屋の老猫

Author:名古屋の老猫
名古屋と北陸地方を中心に食べ歩き、見て歩きをした記録を綴ってます。 

月別アーカイブ

訪問者カウンター