fc2ブログ

記事一覧

羽咋駅周辺で怪鳥伝説の遺跡を散策♪

羽咋にはUFO伝説の他にも怪鳥伝説というものがあります。どんな伝説なのか羽咋市観光協会のHPから引用すると…

「神代の神話のはなし。むかしむかしこの地域には“怪鳥”が出現し、村人を襲っていたという伝説があります。そこに、垂仁天皇の命によりやってきた磐衝別命(イワツクワケノミコト)が、供に連れていた3匹の犬とともに怪鳥を倒しました。しかし、怪鳥の羽根に喰らいついた3匹の犬は、戦いのすえに死んでしまいました。こうして、「羽を喰う」から「羽喰(はくい)」・・・「羽咋」という地名が生まれたのです。羽咋市内には、磐衝別命や3匹の犬にゆかりのある遺跡(古墳)が残されています。」

実際に羽咋市内を歩いてみるとあちこちに古墳がありました。

羽咋駅前にある姫塚と剣塚。姫塚は磐衝別命の妻・三足比命(ミタラシヒメノミコト)のお墓、剣塚は磐衝別命の剣が埋められたと伝えられているそうです。









羽咋神社に行くと大谷塚と大塚があって、大谷塚は磐衝別命の御子・石城別王(イワキワケノオウ)のお墓、大塚は磐衝別命のお墓で、陵墓参考地に指定されているそうですφ(..)









明治・大正時代の陵墓指定は、現在の歴史学や考古学の目で見たら色々と議論はあると思いますが、大和と縁が深い土地であることは間違いないんでしょうね。

近くには怪鳥の羽に食いついた3匹の犬
スポンサーサイト



コメント

No title

おはようございます。

羽咋の地名の由来って、そうなんですね。
全く知らなかった。


ありがとうございます。

No title

> すむナビさん
不思議な由来の地名ですよね♪
由来となった古墳とか遺跡が残っているのも興味深いですhttps://s.yimg.jp/images/mail/emoji/15/ew_icon_s368.gif">

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

名古屋の老猫

Author:名古屋の老猫
名古屋と北陸地方を中心に食べ歩き、見て歩きをした記録を綴ってます。 

月別アーカイブ

訪問者カウンター