fc2ブログ

記事一覧

尾頭橋の旧赤線・八幡園




名古屋では中村区の大門がかつての遊郭地帯として有名で、いまでも昔の楼閣建築が点在しています。

大門は現役の風俗街なので、楼閣建築のいくつかはソープランドとして使われています。このようなお店は、正面が洋風に改装されているので一見それとは分からないけど、近くのピアゴの屋上から見ると、ロの字型の建物配置と中庭があるのが分かって興味深いです。

名古屋には、他にも遊郭・赤線の建物が残っている地区があるけど、意外と見所が尾頭橋の八幡園です。

大門とは違い、今では普通の住宅街ですけど、所々に店舗や民家に転用された楼閣建築が残っています。

現住住居なので覗きこんだり、必用以上に写真を撮ったりする訳にはいきませんが、タイル張りの円柱や凝った造りの玄関なんかを見ているだけで時間を忘れてしまいます。

遊郭や赤線の存在の是非は議論があるにしろ、この類いの建物には実用一辺倒の現代の建物にはない「遊び心」や「無用の美」を感じさせられます。
スポンサーサイト



コメント

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

名古屋の老猫

Author:名古屋の老猫
名古屋と北陸地方を中心に食べ歩き、見て歩きをした記録を綴ってます。 

月別アーカイブ

訪問者カウンター