fc2ブログ

記事一覧

中能登町・能登上布会館 工房見学と世界一軽い天女の羽衣♪

日曜日は現場でお休みだったので、朝から金沢に行こうと思っていたのですが生憎の雨降り☔

しばらく様子を見ていたら10時過ぎには雨が上がったので、近場にお出掛けすることにしましたε=(ノ・∀・)ツ

2年もいると能登半島のメジャーな観光地は一通り回っていますが、まだ行っていなかったのが中能登町の能登上布会館。




工芸全般が好きな老猫ですが、織物と染色は専門外なので、中能登町のHPから引用すると…

「能登上布は麻糸を用いた手織りの織物で、麻特有の通気性や軽さに加え、さらりとした肌触りで、細かい絣模様が特徴です。およそ2000年前に崇神天皇の皇女が現在の中能登町能登部下に滞在した際、この地に機織りを教えたことが始まりと伝えられています。その後、江戸時代に近江から職工を招いて技術を導入後発展し、昭和の初期には麻織物の生産高で全国一を誇りました。昭和35年には石川県の無形文化財に指定されています。能登上布会館は、この能登上布の技術の保存・継承を目的に、平成8年に開館しました。現在、能登上布は能登上布会館と羽咋地方の織元1軒で織られています。」

中能登町と言うと雨の宮古墳群や石動山のイメージしかなかったので、織物の一大生産地とは知りませんでしたf(^_^)

上布会館は入場無料ですが、中に入ると手の空いているおばちゃんが丁寧に案内してくれます



作業室内には沢山の織機が置かれていて壮観ですw(゜o゜)w







おばちゃん達は、多少の手当てをもらいつつ、半ばボランティア的な感じで技術の保存・継承・紹介に努めているそうですφ(..)

おばちゃんが織りの工程を説明してくれましたが、あまりの細かくて根気の要る作業の連続にびっくり! 気が短くて飽きっぽく、手先が不器用な老猫には絶対無理ですね(>_<)










有料ですが事前予約をしておくと機織り体験も出来るそうです。簡単に体験して早く切り上げるという性格のものではないので、見学時間を入れると2~3時間はかかるようですが、工芸・クラフト好きな人には得難い体験になるのでは(´・ω・`)?

隣の中能登町織物デザインセンターには、最新の素材で作った織物や世界一軽い織物「天女の羽衣」などが展示されていて、現代の中能登町の繊維産業の様子を知ることが出来ますφ(..)










近くには能登最大の前方後円墳を抱える雨の宮古墳群もあるし、のんびりと中能登町を巡るのも良さそうです♪

スポンサーサイト



コメント

No title

この天女の羽衣のスカーフ、銀婚式のプレゼントに奥さんにプレゼントしたよ。本当に薄く軽いよね。

No title

こんにちは。

まったく知らない能登の情報をありがとうございます。
能登の事をわかった気になっていましたが、まだまだありますね知らない世界。(^_^;)

No title

> hitomi_jiiさん
繊細な生地なので展示されている服は触れませんでしたが、見本を触らせてもらったら本当に天女の羽衣って感じでした♪

No title

> すむナビさん
メジャーな博物館や美術館は、この2年でずいぶん回りましたが、まだまだ興味深い施設があるものですね♪

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

名古屋の老猫

Author:名古屋の老猫
名古屋と北陸地方を中心に食べ歩き、見て歩きをした記録を綴ってます。 

月別アーカイブ

訪問者カウンター

このページのトップへ