fc2ブログ

記事一覧

足軽資料館の次は加賀藩士高田家跡へε=(ノ・∀・)ツ

金沢市足軽資料館を後にした老猫は、旧加賀藩士高田家跡に行ってみました。足軽資料館が江戸時代の母屋が残っているのに対し、こちらは母屋ではなくて長屋門や土塀なんかを修復・公開していましたφ(..)



高田家は550石の平士ということなので加賀藩の中では中級武士に区分されるんだと思いますが、池泉回遊式庭園が邸内にあったりして、同じ勤め人でも、現在の中級サラリーマンとは全然違います。



実際の生活は苦しかったんだとか、武士は食わねど高楊枝なんていいますが、そうは言ってもやっぱり武士は支配階級だったんだなって思う老猫です😸



足軽屋敷は社宅っぽい感じですが、高田家はかなり豪華な庭付き一戸建で、現代で言ったら一部上場企業の役員の家って感じでしょうか(^w^)

次は更に高給取りの邸宅に行ってみる事にしたので、金沢シリーズはまだまだ続きます。
スポンサーサイト



コメント

No title

立派な庭でですよ~、これで中級武士なんて贅沢です。
さらにこの上があるんですか~、いつの世も格差社会なんですね。(笑)
ポチっ!!。

No title

上場企業の役員クラスとなると、
お庭がついて、違いますねぇ。

当然、お手伝いさんもいたのでしょうね。

No title

> 飛騨の彦爺さん
ポチありがとうございますm(_ _)m
これでも十分豪華ですけど、一番の高給取りの本多家は5万石ですからね…
いつの時代も格差は大きいですねf(^_^)

No title

> すむナビさん
格式に応じて家来や下女がいたんでしょうけど、その人たちを養う分も入れての給料だから意外とやりくりは大変だったのかもf(^_^)

No title

この石高の解説、感心して読みました!さっすが!の、老猫さんブログですね。

百万石の内、従業員に割り振った石高は何パーセントぐらいなんでしょうね?

No title

> hitomi_jiiさん
加賀八家と呼ばれる最高幹部だけで18万石暗いらしいので、それ以下の上級武士から足軽まで入れたら結構な割合になるんでしょうねφ(..)
昔も今も企業の最大の支出は人件費なんでしょうね(^w^)

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

名古屋の老猫

Author:名古屋の老猫
名古屋と北陸地方を中心に食べ歩き、見て歩きをした記録を綴ってます。 

月別アーカイブ

訪問者カウンター