fc2ブログ

記事一覧

武家屋敷跡野村家は上段の間とお庭が見事O(≧∇≦)O

高田家の後に老猫が行ってみたのは武家屋敷跡 野村家。野村家は、天正11年(1583年)に加賀藩祖前田利家が金沢城に入城した際、直臣として従った野村伝兵衛信定を祖とし、禄高1200石を誇った由緒ある家柄だそうです。前回取り上げた高田家の更に倍以上の碌高です。



一言で1200石っていいますが、江戸時代の高家(今川氏とか織田氏の子孫)が1000石クラス、五摂家の鷹司家で1500石っていうんですから結構なものですよね。このクラスがごろごろいて、家臣で一番高給取りだったのが本多氏の5万石というんですから、さすが加賀百万石です。




邸宅自体は、特別豪壮って感じではありませんでしたが、見所がいくつもあって、その1つが上段の間(・д・ = ・д・)



上段の間は藩主を招いた総檜づくり格天井の部屋で、紫檀、黒檀を使った緻密な細工造り、床板が六尺に及ぶ銅板張りになっているのが特徴だそうです♪



そして一番見事なのが庭園。樹齢400年の山桃や椎の古木、大雪見灯篭、さくらみかげ石の大架け橋などが絶妙なバランスで配置されています。ミシュランの二つ星を獲得したり、ちょっと昔の話ですが2003年に米国の庭園専門誌が実施した日本庭園ランキングで全国で第3位になったりとか、その筋では有名なお庭のようです♪



見る角度によって景色が全く変わって見えるお庭は本当に素晴らしくて、思わず激写しまくった老猫なのでしたΣp[【◎】]ω・´)
スポンサーサイト



コメント

No title

更にスゴイお庭。
維持するのも大変そうですね。

老猫さんブログは、大変勉強になりますm(__)m

No title

この石高の解説、感心して読みました!さっすが!の、老猫さんブログですね。

百万石の内、従業員に割り振った石高は何パーセントぐらいなんでしょうね?

No title

> すむナビさん
現代のサラリーマンだったらとても維持できないですよねf(^_^)
猫にはプランターの家庭菜園くらいがちょうどいいかも😸

No title

おおっ!
着物姿の女性の後ろ姿、、、隅に置けませんなあ~( ^ω^ )

雪吊りですね!
しばらく見てないなあ~

No title

> 伸太郎さん
浴衣姿の女性って絵になりますよねO(≧∇≦)O でも残念ながら別グループの観光客の方なんですf(^_^)

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

名古屋の老猫

Author:名古屋の老猫
名古屋と北陸地方を中心に食べ歩き、見て歩きをした記録を綴ってます。 

月別アーカイブ

訪問者カウンター