fc2ブログ

記事一覧

七尾市一本杉通り 花嫁のれん館👰

小丸山公園を後にした老猫は、一本杉通りに行ってみましたε=(ノ・∀・)ツ

七尾で人気の観光スポットと言えば、和倉温泉に能登島、能登食祭市場なんかだと思いますが、一本杉通りも渋いけどいい味を出してるんですよねキョロo(・ω・= ・ω・)oキョロ



一本杉通りは、七尾駅前を流れる御祓川にかかる紅い欄干の仙対橋から木越山光徳寺までの450mのまっすぐの通りです。
通りに沿って商店が並んでいますが、建物は元来寄棟造りの長屋だったそうで、古い商家のいくつかは、登録文化財に指定されていますφ(..)







古い街並みや建物が好きな人には、結構楽しめるのではないかと思います♪

一本杉通りの中で観光客がよく立ち寄るのが花嫁のれん館ε=(ノ・∀・)ツ



花嫁のれんがどんなものかを、一本杉通りの公式HPから引用すると…

http://ipponsugi.org/hanayomenoren/

「幕末から明治にかけて加賀藩の領地である加賀・能登・越中に見られる庶民の風習である。花嫁は嫁入りの際、玄関先で実家と婚家の水を半分ずつ混ぜて飲み干し、実家の紋を入れた花嫁のれんを嫁ぎ先の仏間の入り口にかける。婚家の仏前で手を合わせ「どうぞよろしくお願いします」とお参りしてから結婚式が始まる。」

なかなか素敵な風習ですよねO(≧∇≦)O



花嫁のれんは、JR七尾駅や能登食祭市場にも飾られていますが、花嫁のれん館では、再現された仏間に花嫁のれんが飾られていて、こんな雰囲気になるんだというのが分かるようになっています😄

が、しかし…

一本杉通りの直ぐ近くに建設中(4月オープン予定)の「中心市街地観光交流センター」に展示棟が出来て、花嫁のれんの常設展示、婚礼儀式調度品の展示、花嫁のりんくぐり体験などのコーナーが出来るそうです。ちょっと来るのが早すぎましたねf(^_^)

ゴールデンウィークの4月29日~5月8日には、一本杉通りで「第十三回花嫁のれん展」が開催され、100枚以上の花嫁のれんが街を彩るそうなので、合わせて行ってみようと思う老猫なのでした😸

もっとも花嫁のれんを見てもくぐっても、老猫に嫁が来る見込みはありませんけどね┐('~`;)┌
スポンサーサイト



コメント

No title

花嫁のれんをくぐったら嫁を貰うんっじゃなく嫁に行くんだよ~。
きっとロマンスグレーの渋いおっちゃんのとこに嫁に行くんだろうな~。(笑)
嫁入りする老猫さんにポチっ!!。

No title

庶民の風習と言うところが素晴らしいですね。
花嫁道中も見てみたいです。
老猫さんも花婿のれんを作ってみては・・・(失礼)

No title

TVで見て、今度行ってみようと思っていたのに、
すっかり忘れてました(^_^;)

良い感じの通りですよね。

No title

> 飛騨の彦爺さん
ポチありがとうございますm(__)m
ロマンスグレーのおっちゃんに嫁入りですかf(^_^)
井川遥みたいな女性なら嫁入りも婿入りも大歓迎なんですけどね(^w^)

No title

> のぼさん
花嫁のれんは、お嫁さんが持っていくものですからねf(^_^) 作ってあげたら嫁が来ますかね(^w^)

No title

> すむナビさん
見所満載という訳ではありませんが、街並みを散策した後、食祭市場で食事や買い物が定番ですねε=(ノ・∀・)ツ

No title

自宅の家紋がなんだったのかすら分からなくなってます。紋付もすっかり着なくなってしまった。

No title

> hitomi_jiiさん
老猫もお墓に彫られたのを見ないと正確な家紋は分からないですf(^_^)

No title

奥能登では、村の娘が嫁に行く時は
村の長と一晩一緒にに過ごしてから行くんだそうです!
いつの頃の儀式かわかりませんが、本当かどうかもわかりませんが、、、

長に憧れた伸太郎です( ´ ▽ ` )ノ

No title

> 伸太郎さん
長たるもの選り好みは出来ませんよ😁
最近マスコミを賑わしている他称売名タレントさんみたいに、伸太郎さんの下半身情報が駄々漏れになるかも(^w^)

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

名古屋の老猫

Author:名古屋の老猫
名古屋と北陸地方を中心に食べ歩き、見て歩きをした記録を綴ってます。 

月別アーカイブ

訪問者カウンター