fc2ブログ

記事一覧

名東区よもぎ台2丁目 ピースあいちで原爆の図に対面

4日の午後は名東区よもぎ台2丁目にある「戦争と平和の資料館ピースあいち」に行ってきましたε=(ノ・∀・)ツ

ピースあいちは、地下鉄の駅からはちょっと離れていて、東山線の一社駅か上社駅から徒歩15分くらいの所にあります🐦



ぴーすあいちの常設展は、1階が世界平和に関する展示、戦争と動物たちに関する展示(空襲で猛獣が逃げたら大変という事で動物を薬殺したりしたけど、東山動物園では象を殺さずに大切にしたという話)があります。

2階は名古屋が受けた空襲と戦時下の暮らしに関する展示がされています。もちろん老猫も戦後生まれですが、戦争を知らない若い世代に一度は見てもらいたい展示です( ・`д・´)と

そして今回の目的は、3階の展示室で開催されていた丸木位里・俊 原爆の図展です。



丸木位里・俊夫妻の連作「原爆の図」は、戦争や原爆に関心が薄い人でも一度は目にしたことがあるのではないでしょうか👀

ぴーすあいちでは、4年前にも15部からなる連作の内の2点が展示されたのですが、今回は第4部「虹」と第8部「救出」が展示されると言うので見に行きました。

1階で入場料1000円(常設展の入場料込み)を払って3階に上がると、展示室の中に「虹」と「救出」が展示されていました。前回展示された2作を見た時にも、その描写の凄まじさ、存在感に圧倒されましたが、今回の2作も凄いです。

最近の展覧会では、写真撮影が出来たり、FacebookやTwitterで情報が拡散されて、更に話題になるというパターンが多いですが、さすがに原爆の図は撮影NG(>_<)

なるべく多くの人に見てもらいたいと思った老猫は、FacebookやTwitterで情報を書き込んだりしたけど、友人・知人以外にフォロワーがいる訳ではないので、書き込みを見て足を運んでくれた人は皆無かもf(^_^)

原爆の図が常設展示されている丸木美術館は、池袋から電車で1時間、最寄の駅から更に徒歩30~50分という所にあるので、気軽に行く事は出来ませんが、機会があったら連作を見てみたい老猫です😸


スポンサーサイト



コメント

No title

段々先の戦争は記憶から歴史の一コマになりつつありますが、体感的に悲惨さを知識でなくつなげて行くのは大事です。

No title

丸木美術館は、我が県です。

普通の美術館を想像して行くと、ビックリしちゃいますね。

No title

あっ、ここ知ってます。アオキスーパーとサークルKの間ですね。
以前は、戦争漫画を書いて原爆の怖さを描いていた中沢啓治さんの絵が
展示されていました。僕も何かの機会に一度だけ行きました。

No title

> hitomi_jiiさん
名古屋の空襲に関する常設展示もよくまとまっていて、戦争について考えるきっかけになりますが、やはり原爆の図は迫力が違います。

No title

> すむナビさん
原爆の図のインパクトは凄いですからね(゜m゜;) 普通の画家の個人美術館だと思って行くと、ショックで立ち上がれないかもf(^_^)

No title

> のぼさん
そうですね。地あみの交差点のそばです。たぶん裸足のゲンの展示だったのでは(´・ω・`)?

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

名古屋の老猫

Author:名古屋の老猫
名古屋と北陸地方を中心に食べ歩き、見て歩きをした記録を綴ってます。 

月別アーカイブ

訪問者カウンター