fc2ブログ

記事一覧

ふじ祭りの後は天王信仰の総本家 津島神社へε=(ノ・∀・)ツ

天王川公園で藤まつりを見た後は、津島神社に行ってみましたε=(ノ・∀・)ツ



境内に設置されている説明看板を読むと、津島神社は創建時の名前は津島社だったのが、神仏習合の影響で祭神を牛頭天王に改めたことにより、江戸時代までは津島牛頭天王社となり、明治の神仏分離により津島神社に改められたそうです。





津島は名古屋の西方にあってそんなに大きな町ではありませんが、津島神社は全国約3000社の天王信仰の本家だというのですから、かなり格の高い神社なんですね。たぶん前に来た時にも読んだと思うのですが、すっかり忘れてましたf(^_^)

http://tsushimajinja.or.jp/

そんな由緒のある神社なので、境内には国指定重要文化財の本殿と楼門、県指定文化財の南門があって、江戸時代初期の伝統的な神社建築を見ることが出来ますキョロo(・ω・= ・ω・)oキョロ







この時は熊本地震の復興援助募金を集めるという事で、胴内くぐり・大太鼓打ちが行なわれていました。老猫も胴内くぐりをしてみましたが、デブ化が進行しているので、狭い場所を潜ったりするのには向かない体型になりつつありますねf(^_^)



それでも何とか潜り抜け、大太鼓を叩いてわずかですが募金をした老猫なのでした😸

東大寺の大仏殿には、大仏さんの鼻の穴👃と同じ大きさの穴が柱に空いていて、これを潜るとご利益があるという話は有名ですが、老猫が潜ろうとしたら鼻詰まり確定ですね😁
スポンサーサイト



コメント

No title

そうなんですよね、以前老猫さんの記事で読んでびっくりした記憶が。
かなり由緒ある神社なんですよね。名古屋から少し離れた津島市に、
この様な有名な神社がある事に改めてびっくりです。

No title

天王信仰ってどんなんでしょうね?頭が牛なんですか。馬頭観音と言うのは結構ありますね。

No title

> のぼさん
すっかり忘れていましたが、歴史と格式のある神社なんですよね♪

No title

> hitomi_jiiさん
牛頭天王が疫病にご利益があるというので、篤い信仰を受けていたみたいですねφ(..)
お寺を巡っていてもあまり見ないような気がしますけど、神仏分離の影響もあるんですかね(´・ω・`)?

No title

津島にこんな大きな由緒ある神社があったんですね~。
無事胴内くぐりのできたスマートな老猫さんにポチっ!!。^^

No title

> 飛騨の彦爺さん
ポチありがとうございます♪
胴内くぐりは出来ましたが、身体が固いので狭いところを潜るのはきついですね(>_<)

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

名古屋の老猫

Author:名古屋の老猫
名古屋と北陸地方を中心に食べ歩き、見て歩きをした記録を綴ってます。 

月別アーカイブ

訪問者カウンター