fc2ブログ

記事一覧

敦賀市金ヶ崎町 人道の港敦賀ムゼウムは必見ですヽ(´ー` )ノ

敦賀鉄道資料館を後にした老猫は、徒歩2~3分の敦賀市金ヶ崎町にある「人道の港敦賀ムゼウム」にも行ってみましたε=(ノ・∀・)ツ




人道の港敦賀ムゼウムでは、1920年にシベリアで救出されたポーランド孤児についてと、1940年にナチスドイツの手から逃れたユダヤ人難民が、リトアニア・カウナスの領事代理杉原千畝が発給した“命のビザ”を握りしめ、敦賀港に上陸したことの2つのテーマで展示がされていますφ(..)




杉浦千畝の命のビザは、本や映画にもなっているので有名ですが、ポーランド孤児の存在は老猫も知りませんでした…

どちらも重いテーマですが、ポーランド孤児・ユダヤ難民の発生から敦賀上陸に至るまでの経緯、孤児・難民を受け入れた敦賀市民の反応などが分かりやすく解説されていますφ(..)

特にユダヤ人難民のコーナーでは、杉原千畝の生の声、難民が生活費を得るために敦賀の時計屋でお金に換えた時計、難民を目撃した敦賀市民の証言、命のビザの複製も展示されていました👀

実際に敦賀に上陸したユダヤ難民のインタビューをまとめたビデオも見ることが出来て、ナチスのユダヤ排斥やホロコースト、杉浦千畝が取った行動の意味などを改めて学ぶことが出来ます💡

国内では、景気低迷の長期化と格差の拡大、ヘイトスピーチによる差別・憎悪の拡大、憲法改正(改悪?)が話題になり、海外では無差別テロが頻発したりと、なんだか戦前の雰囲気に似てきているような気がします。戦前の事は歴史の本でしか知らないですけどf(^_^)

敦賀港エリアは、色々な施設が建ち並ぶ観光エリアですが、こんな時代だからこそ、観光の合間にちょっとだけでも人道の港敦賀ムゼウムに寄り道して欲しいなって思う老猫なのでした😸



スポンサーサイト



コメント

No title

ムゼウムとはどう言う意味ですか?
敦賀に、ユダヤ難民が居たなんて知りませんでした。

No title

6年前に八百津の杉原千畝記念館へは行ったことがあるんですが、ここも面白そうですね~。
ポチっ!!。

No title

敦賀という場所が、スゴク興味深い場所に思えてきました。

完全にブログの影響です。
老猫ブログ恐るべし。

No title

> のぼさん
ムゼウムはミュージアムの事で、美術館・博物館・資料館なんかの意味ですφ(..)
敦賀にユダヤ難民が上陸したとは、老猫も知りませんでしたf(^_^)

No title

> 飛騨の彦爺さん
ポチありがとうございますm(__)m
八百津は杉原千畝の出身地ですよね。
老猫も記念館は気になっています👀

No title

> すむナビさん
敦賀は、歴史のある見所の多い町ですが、金沢のような賑やかな観光地とは違いますからねf(^_^)

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

名古屋の老猫

Author:名古屋の老猫
名古屋と北陸地方を中心に食べ歩き、見て歩きをした記録を綴ってます。 

月別アーカイブ

訪問者カウンター