fc2ブログ

記事一覧

瑞浪市化石博物館 化石の地下壕

重い身体を引きずりながら、30分くらいかけて瑞浪市化石博物館に到着した老猫f(^_^)

博物館の横には化石の地下壕という洞窟があるので、そこで火照った身体をクールダウンさせつつ化石観察ですキョロo(・ω・= ・ω・)oキョロ




化石の地下壕は、第二次世界大戦の末期に飛行機工場を疎開させるという目的で掘られた洞窟ですが、ご多分に漏れず強制連行した中国人・朝鮮人労働者を働かせたということで、戦争遺産・ダークツーリズム的面もある訳です。




こんな所に穴を掘って工場を造ろうと真剣に考えていた訳ですから、そりゃアメリカに負けるに決まってますよね…




砂岩や泥岩主体の瑞浪層群は、ちょうどトンネルが掘りやすくて崩れにくい固さなのか、いまでも覆工をせずに当時のままの状態で残っています。







壁面や天井には、カガミガイ、マテガイ、カキなどの化石を見ることが出来るので、化石の産状を勉強しつつ、先の大戦に思いを馳せてみるのもいいのではないでしょうか🐱

スポンサーサイト



コメント

No title

こういう場所は、マニアにしかわからないですね。
瑞浪=化石というワードは出て来ませんでしたから。
ここも昔は海の底だったんですかね。

No title

化石の地下壕は、戦争遺産でもあるのですね。

負の遺産との共演が、なんともいえませんね(^_^;)
どちらも勉強になりますね。

No title

> のぼさん
瑞浪の化石は結構有名ですよ😁
老猫が子供の頃は、名古屋市の教育委員会主催で、夏休み化石発掘教室をやっていました。

No title

> すむナビさん
夏休みに子供を連れてくれば理科と社会科の勉強になって一挙両得ですね♪

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

名古屋の老猫

Author:名古屋の老猫
名古屋と北陸地方を中心に食べ歩き、見て歩きをした記録を綴ってます。 

月別アーカイブ

訪問者カウンター