fc2ブログ

記事一覧

JR米原駅 井筒屋・在来線ホーム売店(5号売店)のとり天うどん🍜

先週の月曜日は、朝から病院に薬をもらいに行ったり、会社に立ち寄ったりした後、能登半島に向けて移動を開始しましたε=(ノ・∀・)ツ

ちょうど特急しらさぎが出ていない時間帯だったので、取り合えず新幹線で米原まで移動🚄 米原始発のしらさぎが出るまで結構な待ち時間があったので、米原駅でお昼を食べていく事にしました🍴

米原駅と言うと、老猫は井筒屋の湖北のお話という駅弁🍱が好きなのですが、立ち食いそばのお店が美味しそうだったので、そちらにしてみました♪

お弁当売り場と立ち食いコーナーが合体しているのが、こちらの井筒屋・在来線ホーム売店(5号売店)🍜




同じ在来線ホームでも近距離列車ばかりだとあまり混まないかもしれませんが、特急が出るホームなのでお客さんもパラパラとやってきました(・д・ = ・д・)

名古屋の立ち食いだと、きしめんが圧倒的なシェアを占めますが、ここは滋賀県なのでもちろんきしめんはなくて蕎麦とうどん💡 関西はうどん文化圏のイメージが強いので、500円のとり天うどんを注文しました🐔

しばらくして出てきたのが、こちら↓




とり天とうどんって名古屋では見ないなって思いましたが、天ぷらうどんやコロッケ蕎麦と同じで、揚げ物から染みでた脂で汁が濃厚になって意外といい感じですO(≧∇≦)O

とり天🐔は、お肉が淡白でそれほど自己主張しないので、うどんや汁といった自己主張の激しい隣国とも融和政策をとって上手くやっているようです😁

関ヶ原を越えただけあって、名古屋の赤っぽいきしめんの汁とは違い、関西系の白い汁でしたが、久しぶりに食べた関西風うどん、美味しゅうございましたm(__)m

  

スポンサーサイト



コメント

No title

米原まで行けば、関西圏になるのですね。

関東とは全く違う、名古屋のきしめん、関西のうどん、どちらも自分は好きです。

No title

米原は名古屋から近いんですが、あの関ヶ原を超えて
いるので、関西風うどんなのですね。

No title

> すむナビさん
言葉は木曽川・長良川・揖斐川の木曽三川を越えるて三重県に入ると関西風のアクセントになりますね。
食べ物の境界がどこにあるのか分かりませんが、きしめんがない時点で中京圏でないことは確かです😁

No title

> NYAAGOさん
駅毎にうどんを食べていけば、どこに境界があるか分かりそうですよね♪
米原は完全に関西風でした🍜

No title

とり天3枚入ってるんですね
なんか 麺食べたくなった~~

No title

滋賀県はお隣なのにしっかり関西文化ですよね~。^^

No title

> まんぷく おサボり日記さん
とり天も結構美味しかったです🐔

No title

> 飛騨の彦爺さん
完全に関西文化ですね😁

No title

老猫さん、こんにちは~
駅のホームのそば、うどんって
みょーに美味しいっすよね!
しかもご当地感満載なんで
あちこちの駅で楽しむのもいいッスね!(^^)b

No title

> ぜるさん
老猫はうどん文化で育っているので、立ち食い蕎麦にはいまいち馴染めませんね😁 でも東京や越前方面だと蕎麦を食べちゃうので、やっぱりご当地ものがいいですね♪

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

名古屋の老猫

Author:名古屋の老猫
名古屋と北陸地方を中心に食べ歩き、見て歩きをした記録を綴ってます。 

月別アーカイブ

訪問者カウンター