fc2ブログ

記事一覧

国立科学博物館で開催中 「大英自然史博物館展」で始祖鳥にご対面O(≧∇≦)O

先週の土曜日、9時半過ぎに上野に着いた老猫が直行したのが国立科学博物館ε=(ノ・∀・)ツ

いつも恐竜展やラスコー展など老猫が気になる特別展が開かれていますが、今回の特別展は、地質屋・古生物屋の老猫にとって見逃すわけにはいかない一大イベントなんです( ・`д・´)

それが「大英自然史博物館展」
http://treasures2017.jp/




たまたま週刊新潮の裏表紙を見ていたら始祖鳥が初来日とあったので老猫のテンションはMAX\(^o^)/ わざわざ新幹線を使って富山から駆けつけたと言うわけですε=(ノ・∀・)ツ🚄

大英自然史博物館には、8000万点もの標本が収蔵されているそうですが、その中から選りすぐりの370点が展示されるというんですから博物学系・記載系の学門(動物学、植物学、古生物学、鉱物学など)に関係している人には必見のイベントですO(≧∇≦)O

しかも大英自然史博物館は、これまで主要所蔵品の貸し出しを控えてきたので、これが世界巡回展なんだそうですo(^-^o)(o^-^)o

そんなイベントなので激混みを覚悟していたのですが、行列もないし多少混んでいても時間をかければじっくり見ることが出来る程度の混み具合😅 若冲展が5時間待ちなったり、草間彌生展に入場制限がかかるのに比べると、イベントの世界は文高理低のようです😁

こんな大イベントなのに映像作品以外は撮影OK🙆と言うのがブロガーには嬉しいですね\(^o^)/




館内に入ると科学史や古生物学の教科書で見たことがあるような超一級の標本がズラリと並んでいます((((;゜Д゜)))

歴史的標本の玉手箱や~O(≧∇≦)O

全部紹介したいくらいですが、さすがにそれは無理なので、老猫の専門分野の地質・古生物・鉱物系からいくつか紹介すると…

頭足類の化石↓




軟体部が残っているだけでも珍しいですけど鈎まで残っている保存状態が凄すぎますw(゜o゜)w

二名法による分類を確立したリンネの著書「SYSTEMA NATURAE」↓




マンテルが発見して恐竜という分類群が出来るきっかけになったイグアノドンの歯の化石↓




メアリー・アニングが発見した魚竜・イクチオサウルスの化石↓







類人猿と人類の間をつなぐミッシングリンクが見つかった大発見と思われたのが、実はオランウータンの顎と現代人の頭骨を組み合わせて人工的に作られた真っ赤な偽物だと後に判明したピルトダウン人🐒↓







そして今回の主役・始祖鳥O(≧∇≦)O
人垣で見れないのではないか心配していましたが、じっくりと見ることが出来ました\(^o^)/










老猫のツボにはまる古生物学系の数点を紹介しただけでも凄さが半端ないです‼
植物、動物、昆虫も同レベルの標本が勢揃いしているので自然史に関心がある人は絶対見ておいた方がいいと思います( ・`д・´)

わざわざ東京まで見に行った甲斐がありました😸






スポンサーサイト



コメント

No title

そんな珍しい物の展示なのに、
写真OKなんですか。
そら、テンションあがりますね。
自分にはわからない世界だけど、行きたくなるなぁ。

No title

> すむナビさん
日本の博物館も最近は撮影OK🙆の所が増えてきましたが、大英自然史博物館の選りすぐりのコレクションですからテンションが上がります♪

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

名古屋の老猫

Author:名古屋の老猫
名古屋と北陸地方を中心に食べ歩き、見て歩きをした記録を綴ってます。 

月別アーカイブ

訪問者カウンター