fc2ブログ

記事一覧

石川県七尾美術館で開催中 「長谷川等伯展~天才絵仏師、みやこを目指す!~」♪

七尾市の蘇州さんでえんまらーめんを食べて地獄の沙汰を受けた老猫は、その足で七尾市小丸山台にある石川県七尾美術館に向かいましたε=(ノ・∀・)ツ

何故かと言うと毎年春の恒例「長谷川等伯展」が開催中だから\(^o^)/ ちなみに今年のサブタイトルは、「天才絵仏師、みやこを目指す!~」です。




長谷川等伯(1539~1610)は七尾出身で、桃山時代に活躍した日本を代表する画家です。JR七尾線には長谷川等伯のゆるキャラ(とうはくん)のラッピング電車があったり、駅前に等伯像があったりと町全体が等伯推しです😁




七尾美術館の長谷川等伯展は、今年で22回目だそうですから、完全に年中行事みたいなものですね💡




今回の展示は、テーマ1「絵仏師信春の活躍」、テーマ2「上洛…京都での飛躍」、テーマ3「水墨画の魅力」の3部構成になっていて、七尾時代の仏画や祖師像から京都に出てからの禅画や水墨画まで時系列で見ることが出来ます(・д・ = ・д・) 初期の祖師像も見事ですけど、老猫的には後期の禅画や水墨画に魅力を感じます(*´ー`*)

美術展の常で写真撮影はNGですが、一昨年くらいに新発見だと喧伝された「猿猴図屏風」と「松竹図屏風」が今回も展示されていて、牧谿風のお猿さんにも再会出来ましたヽ(´ー` )ノ🐒

去年の記事にも書きましたが、チケットを買うだけでも大行列の東京と違って、七尾美術館では、じっくりと作品を見ることが出来ます♪

会期は28日までと残りわずかですけど、能登観光を兼ねて等伯作品を見に来るのもいいかもしれないですねヽ(´ー` )ノ



スポンサーサイト



コメント

No title

この達磨大師の水墨画、見覚えあるな~。^^

No title

子どもの夏休みの宿題で、美術館に行って感想を書くのがあるのですが、今年はココをすすめてみようっと。
だけど、お盆はやっぱり混んでいるかな(^_^;)

No title

> 飛騨の彦爺さん
定番のモチーフですからね💡
等伯の達磨は七尾のお寺の所蔵のようですφ(..)

No title

> すむナビさん
夏くらいに松本零士展があるみたいなので、これと被ると混むかもしれないですけど、東京みたいな激混みにはならないでしょうね😁

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

名古屋の老猫

Author:名古屋の老猫
名古屋と北陸地方を中心に食べ歩き、見て歩きをした記録を綴ってます。 

月別アーカイブ

訪問者カウンター