fc2ブログ

記事一覧

おかざき世界こども美術博物館 「魅惑のドールハウス展」(会期明日まで💡)

今週日曜日のお昼にサンマルコ・名古屋近鉄店でカレー🍛を食べた後は、名鉄電車に乗って美合駅まで移動した老猫。そこから30分弱歩いた所に、この日の目的地があります💡

老猫が目指したのは、岡崎市岡町鳥居戸にある「おかざき世界こども美術博物館」。岡崎地域文化広場という野外ステージ、広場、散策が出来る森などがある市民公園内にある美術館🎨 親子で参加出来る絵画教室や工作教室、世界中の児童画(子どもが描いた絵)を見ることが出来る子どものための参加型体験美術館という触れ込みです。

独身で子供もいない老猫には無縁の施設ですが、11月26日まで老猫のツボにはまる企画展が開催されていたんですO(≧∇≦)O それが「魅惑のドールハウス展~世界二大コレクションを中心に~」。




老猫は、ミニチュアや細密工芸が大好きなのですが、体系的な知識を持っていたり自分でコレクションをしている訳ではないので、今回展示されているヴィヴィアン・グリーンコレクション(英国)、モッツ・ミニチュアコレクション(米国)が世界二大プライベートコレクションと呼ばれている事を知りませんでした😅 そんな事を知ってしまったら、行かない訳にはいかですよね( ・`д・´)

入場料500円を払って展示室に入ると、超精密なドールハウスがたくさん展示されていて、ミニチュアまみれ状態ですO(≧∇≦)O

どんな物が展示されているかと言うと…

ハスケル・ハウス




現物ではなくて写真ですけど、イギリスでオークションにかけられて、一部が日本に来る事になった時には、貴重なコレクションが海外流出したと話題になったそうですφ(..)

イギリスのグラハム・ジョン・ウッズ作の「ヒルトップ・ハウス部屋の一部」




イギリスの絵本作家、ビアトリス・ポター(ピーター・ラビットの作者)が後半生を過ごした部屋だそうですが、室内の装飾品とかもよく出来てますよね😄

モトロポリタン美術館




メトロポリタン美術館は実在の美術館ですが、モッツに因んでモトロポリタンになっているのが面白いですよね。










所狭しと絵画や彫刻が展示されていて、まるで本物の美術館を見ているようです|д゚)ジー




本物はスミソニアンに展示してある有名なブルーダイヤモンド(Hope Diamond)が Hopeless Diamond になっているのが地質屋的にはツボにはまります。




持ち主が不幸になるという伝説があるダイヤモンドなのである意味Hopelessが正しいかも😁

モッツ雑貨店







19世紀初期のアメリカ製ですが、驚異的な品揃え&細かさですよね。アンティークとしても素晴らしいですけど、19世紀初期のアメリカの日常生活が手に取るように分かる優品です。







この他にもセダーズ・ウッド・ブリッジ、チューダー様式の玩具屋、ピルグリム(清教徒)の住居、大型キッチンなんてものもあって見応えがあります♪













最後のコーナーには、現代日本のドールハウス作家の作品が展示されていましたが、日本人らしい繊細さで書店やチャイルドドレスショップなんかを再現していて、こちらも素晴らしいです😍










美合駅から往復1時間歩くというので、行こうかどうか少々迷いましたが、わざわざ見に行った甲斐がある充実したドールハウス展に大満足の老猫なのでした😺



スポンサーサイト



コメント

No title

「ドールハウス展」がツボにはまるって、もしや「ドール」の方?、って思いましたが、「ハウス」の方だったんですね~、安心しました。(笑)

No title

> 飛騨の彦爺さん
男性でもドールマニアっているんじゃないですかね(´・ω・`)?
老猫はミニチュアが好きなので見に行ってきました♪

No title

細かいですねぇ、スゴイです(^_^;)

日本のドールハウスは、共感がもてますね。細かい所まで見たくなります。

No title

> すむナビさん
日本のドールハウスは和のテイストで魅力的ですよね♪

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

名古屋の老猫

Author:名古屋の老猫
名古屋と北陸地方を中心に食べ歩き、見て歩きをした記録を綴ってます。 

月別アーカイブ

訪問者カウンター