fc2ブログ

記事一覧

Bunkamuraザ・ミュージアムで開催中 「神聖ローマ帝国皇帝ルドルフ2世の驚異の世界展」♪

先週の土曜日は、金沢発で東京に向かった老猫🚄 目的地は渋谷なので北陸新幹線を大宮で降りて、湘南新宿ラインに乗り換えます🚃

そこから更に電車に40分くらい揺られて11時前に渋谷駅に到着\(^o^)/

北陸新幹線が出来てずいぶん便利になりましたが、金沢を出てから3時間かかってますから、やっぱり北陸は遠いですね(^_^;)




渋谷駅ハチ公口に出ると外国からの観光客が忠犬ハチ公🐶と自撮りしまくっているので、老猫も一応ハチ公を押さえた後、目的地のBunkamuraザ・ミュージアムに直行ですε=(ノ・∀・)ツ




わざわざ東京まで何を見に来たのかと言うと…




「神聖ローマ帝国皇帝ルドルフ2世の驚異の世界展」

http://www.bunkamura.co.jp/museum/exhibition/18_rudolf/

ルドルフ2世と言っても世界史マニアしか知らないと思いますが、16世紀後半~17世紀初頭に神聖ローマ帝国皇帝として君臨したハプスブルク家の当主で、政治や戦争にはあまり興味がなくて、世界各地の珍しい自然物や工芸品を集めたり、プラハの宮廷に芸術家や学者や錬金術師を招聘して、芸術作品を作成させたり、科学研究をさせたりした趣味人というか変わった王様です👑 老猫に地位と権力があったら、そんな生活をしてみたいですね😁

で、そんなルドルフ2世が愛好した芸術家の作品、色々な観測や研究に使った科学機器、動物や鉱物等の自然物のコレクションを集めた「驚異の部屋」を再現したのが、この展覧会なんですヽ(・∀・)ノ

老猫は、荒俣宏さんが書いた博物学関係の本で驚異の部屋(ヴンダーカンマー)の存在を知ってから、この手の分野に興味を持っていたので、この機会を見逃すわけにはいかんですよね( ・`д・´)

館内は当然撮影禁止ですが、16~17世紀の天文学者ティコ・ブラーエ、ヨハネス・ケプラー、ガリレオ・ガリレイ関連の資料、現在東京都美術館で特別展が開催中のブリューゲル(父)の静物画、こちらも昨年に特別展が開かれたアルチンボルドの《ウェルトゥムヌスとしての皇帝ルドルフ2世像》等々見応えがありますヽ(・∀・)ノ

老猫が一番見たかった「驚異の部屋」に展示されていた精密工芸、ユニコーンの角、鉱物などのコーナーは、絵画に比べると手薄なのが少し残念でしたが、充実した展示に大満足の老猫なのでした😺







フォトスポットでは、現代美術家のフィリップ・ハースさんがアルチンボルドの作品にインスパイアされ制作した作品を写真撮影出来るのもブロガー的には嬉しいですねΣp[【◎】]ω・´)



















スポンサーサイト



コメント

No title

お目当てはこちらでしたか!

立体版アルチンボルト!どうしても一瞬フルチン?って思ってしまう私ってどうなん?

No title

おはようございます。

上から、二枚目の写真、三枚目の写真は、食べ物に、見えます。

ココナッツとか、マンゴーとか。

No title

> hitomi_jiiさん
フルチンボルドなんて聞くと陸上のボルトがフルチンで走っている姿を想像しちゃいますよ😁

No title

> みきぽんさん
アルチンボルドの作品は、野菜や果物な花なんかを組み合わせて人の顔に見立てた作品が有名らしいです🎨

No title

大宮乗り換えしていたなんて。
スクランブルかけなければいけなかったなぁ(笑)

No title

> すむナビさん
スクランブルがかからなかった事からすると、そんなに不審な猫じゃないって事ですね😁

No title

おもしろい

No title

> gsn*****さん
これは見応えありましたよヽ(´ー` )ノ

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

名古屋の老猫

Author:名古屋の老猫
名古屋と北陸地方を中心に食べ歩き、見て歩きをした記録を綴ってます。 

月別アーカイブ

訪問者カウンター