fc2ブログ

記事一覧

真宗大谷派井波別院瑞泉寺で井波彫刻を激写Σp[【◎】]ω・´)

6月15日の井波お出掛けのもう1つの目的地が、真宗大谷派井波別院瑞泉寺。

井波別院瑞泉寺は、明徳元年(1390年)に本願寺5代綽如上人によって開かれたお寺だそうですけど、北陸は浄土真宗の信仰が盛んな地域。戦国時代には一向一揆の重要拠点になった歴史のある立派なお寺が多いんですよねφ(..)

それに瑞泉寺は、井波彫刻発祥の地という事で、建物の彫刻は当然井波彫刻職人の手によるものだというんですから見ておきたかったんです(・д・ = ・д・)



入り口はこんな感じで、進んでいくとでっかい大門が建っていました|д゚)ジー 立派な建物なので重要文化財戸賀かと思ったら富山県指定の有形文化財だそうですφ(..)







拝観料500を払って中には入ると正面に本堂、左手に太子堂が見えますね。







どちらも明治12年に火災で焼失してしまったので明治・大正時代に再建されたものですが、お堂の中の金ぴかな荘厳も建物の彫刻も見事です♪ヽ(´▽`)/











首の関係でなかなか上を見れないのが残念ですけど、目に入る範囲で井波彫刻を激写した老猫なのでしたΣp[【◎】]ω・´)


スポンサーサイト



コメント

No title

スゴイお寺ですね。

消火器まで彫ってあるとはΣ(・□・;)

No title

> すむナビさん
浄土真宗の立派なお寺ですけど、消火器みたいな小ネタがあるのが楽しいですね。

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

名古屋の老猫

Author:名古屋の老猫
名古屋と北陸地方を中心に食べ歩き、見て歩きをした記録を綴ってます。 

月別アーカイブ

訪問者カウンター