fc2ブログ

記事一覧

魚津水族館の珍しいお魚たち(ホルマリン液浸標本)♪

富山の淡水魚や富山湾のお魚の展示が充実している魚津水族館ですが、深海魚や生態がよく分かっていない珍しい魚は、運良く生きたまま捕獲できたとしても、運搬途中や水槽で上手く飼えずに死んじゃうんですよね(>_<)

そんな珍しいお魚のホルマリン液浸標本もこの水族館の見所の1つだと思う老猫ですヽ(・∀・)ノ
どんな魚が展示されているのかというと…

「タコなの?イカなの? マッコウタコイカ」
普通はタコの腕は8本、イカの腕は10本が相場ですが、これはイカなのに腕が8本だという珍しい種類。富山湾では、たぶんこれが初記録だそうです。

20200114120713f4f.jpg


20200114120736480.jpg


「謎の深海魚 シャチブリ」
太平洋側では、そうでもないみたいですけど、日本海ではとても珍しい魚で、富山湾では3例目だそうです。

2020011412083740c.jpg


202001141208527e9.jpg


「テングノタチとユキフリソデウオの模型」
こちらは残念ながら実物標本はありませんm(__)m

202001141209401a0.jpg


202001141209576d0.jpg


「激レア アカナマダ」
2019年2月~4月に相次いで富山湾で見つかり話題となったアカナマダ。老猫も入院前に北國新聞の記事で読んだような気がします。

20200114121039154.jpg


面白い形態や解剖して分かった知見などを真面目に紹介しているのですが…

20200114121112e63.jpg


アカナマダを「刺身と湯引きの2点盛り」や「ムニエル 特製ポン酢ジュレをかけて」という料理にして食べちゃったり、アカナマダのスミで書道五段の職員が「令和」と書いてみたりと真面目に遊んでるのが面白いんですよねO(≧∇≦)O

20200114121144365.jpg


20200114121201564.jpg


ちなみにアカナマダを試食した結論は「意外と美味しい!!」だそうです😁



20200114121228ef1.jpg
スポンサーサイト



コメント

No title

食べるという発想は自然な流れだと思うんですが、墨で習字をする発想はなかなか出来ないでしょう。
水族館の職員さんの発想に座布団一枚進呈です。(笑)

No title

書道に向いた墨とか、生臭いとか職員さんのコメントがいいですね。

美味しいなら、食べてみたい(笑)

No title

深海魚は食する勇気がいる形態をしている物が多いですよね。。切り身や刺身になっちゃえば分からないですが。。

Re: No title

> 彦爺さん
竹島水族館もそうですけど、マグロの回游やマンタで魅せるような大規模な所と違って、低予算で館員さんがアイデアを絞り出している手作り感がいいですよね♪

Re: No title

> すむナビさん
魚津にはなさそうでしたが、蒲郡の竹島水族館には、グソクムシとかウツボの粉を混ぜたクッキーなんてのもありますよヽ(´ー` )ノ
初心者には、その辺りから攻めるのが無難そうです。

Re: No title

> 仁さん
昔の回転寿司は、メルルーサとか深海魚を使ってたりしたみたいですけど、今はやってないでしょうね。
沼津に深海魚を出すお寿司屋さんがあるので、一度いってみたいです。

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

名古屋の老猫

Author:名古屋の老猫
名古屋と北陸地方を中心に食べ歩き、見て歩きをした記録を綴ってます。 

月別アーカイブ

訪問者カウンター