fc2ブログ

記事一覧

コロナ禍における富山の飲食店・居酒屋の老猫的区分(私案)

富山の老猫テリトリーで少し前から気になっているのが、3パターンに区分される飲食店(ただし老猫調べ)。

1つめが、新型コロナによる休業・時短要請やその後もなかなか戻らない客足に持ちこらえられず閉店してしまうお店。このパターンの中には、店主が高齢で後継者もいないから、いつかはお店を閉めようと思っていたけど、コロナが切っ掛けで気持ちの整理がついたという老舗が含まれていたりします(>_<)

また、このタイプには、大企業や公務員の宴会需要、インバウンドの外国観光客(富山の場合は台湾からの観光客誘致に力を入れてました)、夜の街に飲みに出る出張族への依存度が大きかった大箱の居酒屋も含まれています。

宴会やインバウンドの需要は当分元には戻らないでしょうし、この手のお店は、地域密着型の個人店のような個性が希薄で、富山の海鮮を推してても、魚介類の鮮度やメニュー構成に魅力が無かったりします。見てくれは一見豪華だったりするけど、実質に乏しいって感じです。

富山には安くて美味しい個人経営の居酒屋がいくらでもあるので、地元のお客さんは、元々この手の大箱店やチェーン店に入ることが少ないような気がします(-。-)y-~

2つめがコロナ以前からお客さんが入っているのをほとんど見た事がなくて、どうやって営業を続けているのか謎なお店。そんなお店だから、世間でコロナ自粛が広がろうが、緊急事態宣言が解除になって人の動きが出てこようが、相変わらずお客さんの姿を見かけません(・д・ = ・д・)

ビルのオーナーや土地持ちとかの資産家が趣味や税金対策でやってて赤字でもオッケーとかなんですかね(´・ω・`)?
それとも霞を食べて暮らせる仙人だったりして😁

で、3つめが、コロナ禍の真っ最中にもかかわらず果敢に新規出店しているお店。閉店したお店の後には、割と早く次のお店が入っているようなので、以前はなかなか空かなかった富山駅前エリア(新富町や桜町周辺)の路面店を狙う積極的なオーナーもそれなりの数いるんでしょうね。

お店の賃貸料は、コロナ以前に比べて下がってるでしょうから、今がチャンスだという判断ですねヽ(・∀・)ノ

一般の飲み客としては、意欲的なお店が増えて美味しいお酒や料理を楽しめるようになるのはもちろん嬉しいですが、何だかよく分からないお店に入って、いろんな疑問や違和感を肴にお酒を飲むのも、それはそれで貴重な経験なんですけどねσ(^_^)

まあ、そんなお店はリピートしないから常に空いてたりするわけですけど(以下、2つめに無限ループ🌀🌀😁)
スポンサーサイト



コメント

No title

素晴らしい考察。

コロナ前と変わらない勢いがありそうなお店でも、昨年と比較するとかなりの減といっているので、どちらのお店も大変なんだと思います。

集まって呑まない状況が続けば、売上げは上げるのは難しいですよね。

No title

一番の問題は「店主が高齢で後継者もいない老舗」。
そーゆー貴重な、絶滅させてはいけないお店がなくなってしまうことです。(涙)

Re: No title

> すむナビさん
富山では連休くらいから人の流れが少し戻ってきているようですけど、まだまだ飲み会とかを大っぴらに出来る雰囲気じゃないですよね(>_<)

Re: No title

> 彦爺さん
高齢で閉めるお店は、コロナとは関係なくどんどん増えていくんでしょうね(>_<)
後継者になることを条件に、店舗とのれん、レシピを提供して町の賑わいを維持しようという試みもあるようですね。

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

名古屋の老猫

Author:名古屋の老猫
名古屋と北陸地方を中心に食べ歩き、見て歩きをした記録を綴ってます。 

月別アーカイブ

訪問者カウンター