fc2ブログ

記事一覧

3度目の蛭子房でバターチキンカレーを賞味🍛

薄味で上品な料理、富山ではあまり見ない関西の蔵元の美味しい日本酒、そしてお店やオーナーさんや常連さんが作る雰囲気に惹かれて巡回対象に追加したのが、内幸町にあ
る京都のお酒とおばんざいの店 蛭子房さん。

20201119213025fe8.jpg


前回は、お通しから〆の牡蠣ご飯、デザートの大学芋(お持ち帰り)までフルコースを堪能しましたが、今回はオーナーさん自身が食べたいという理由でバターチキンカレーを作ったという情報を得て、3回目の再再訪をしちゃいましたε=(/*~▽)/

この日は気温が高かったので、先ずは生ビールからスタート。お通しは蕪の明太あえ。蕪、かぶ菜、シーチキンを明太子で和えたものですが、ピリ辛でビールのつまみによく合います♪ 

202011192131111a2.jpg


20201119213126da8.jpg


続いてこんなラインナップが登場_φ(・_・

蓮根の金平↓

20201119213156699.jpg


良く味が染みていてまいう~です。蓮根だけじゃなくて豚肉が入っているので、食べ応えも十分です。

ここでお酒を長野の蔵元・薄井商店の白馬錦原酒にしちゃいます。やっぱりお魚には日本酒ですからね🍶

202011192132315e6.jpg


真子煮↓

2020111921330001d.jpg


居酒屋で出てくるたらこ煮は、酒が進むように濃い目の味付けのものが多いですが、これは薄めの味付けなので、素材の風味を楽しめます。

黒鯛昆布〆↓

202011192133364ee.jpg


昆布〆は富山名物ですが、居酒屋でよく見かけるのはサス(カジキマグロ)、甘えび、バイガイなど。黒鯛の昆布〆を食べたのは、これが初めてかも。

糠鰯と鮭の塩麹漬↓

2020111921340653f.jpg


オーナーさんが糠漬けや塩麹漬にはまっているようで、日々仕込んだものが、いい具合に漬るとメニューに載せられるようです。

ここでお酒をアードベック(ロック)に変えて、日本酒に馴染んだ口をインド向きに調整して置きます。

202011192134563e1.jpg

 
そして最後はお目当てのバターチキンカレーでフィニッシュ。ネパール系のカレー屋さんで出てくるバターチキンカレーの中には、妙に甘ったるく てもったりとしたものも多いですが、これはスッキリ辛口でカレー星人の老猫も大満足なのでした。

20201119213538444.jpg


また、美味しそうなものがあるという情報を得たら、おじゃましようと思います。
スポンサーサイト



コメント

No title

最後のカレーがお目当てだったんでしょうけど、煮物、お魚系の流れからカレーと云うのはとっても意外性がありますね。^^

No title

素晴らしいラインナップ。
カレーがなくても十分です(笑)

Re: No title

> 彦爺さん
ここのお酒も料理もオーナーさんの好みや趣味がかなり反映されているので、意外な組み合わせや普通の居酒屋ではあまり見かけないものも出てきて楽しいです♪

Re: No title

> すむナビさん
カレーまでのラインナップでも普通に飲むのには十分すぎるおつまみですよね。

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

名古屋の老猫

Author:名古屋の老猫
名古屋と北陸地方を中心に食べ歩き、見て歩きをした記録を綴ってます。 

月別アーカイブ

訪問者カウンター