fc2ブログ

記事一覧

常願寺川扇状地に残る流飛越地震の石を訪ねるジオ散歩♪

雨降りが続いた今年のGWですが、5月3日は天気が良かったので富山地鉄の路線バスに乗ってちょっとお出かけしてみました。

富山駅からバスに揺られること30分くらいで目的地の最寄りのバス停に到着\(^o^)/

何を見に行ったのかと言うと、常願寺川沿いに点在する流石。安政5年(1858年)に跡津川断層を震源とする飛越地震が発生したのですが、その地震で山体崩壊した大鳶山・小鳶山の崩壊土砂が常願寺川の河道を閉塞して、天然ダムが形成されました。その後の地震や融雪水の流入で天然ダムが決壊して、大規模な土石流が発生(@_@)

下流域には甚大な被害が生じたのですが、その時に土石流で流されてきた巨石が流石として各地に残っているんです。そういう話は知識として知っていましたが、実物を見るとなかなかの大きさです(@_@)

西番の大転石↓

202105042146023bd.jpg


20210504214640ee0.jpg


20210504214656cb5.jpg


2021050421472045e.jpg


大場の大転石↓

2021050421475422c.jpg


20210504214813fbb.jpg


20210504214839c16.jpg


Google Mapでタグが付いているような有名な流石は数個ですけど、常願寺川扇状地には径4〜7m(重量100〜600t)のが40数個もあるそうです。

西大森の大石↓

202105042149284cb.jpg


20210504214949f8f.jpg


202105042150059a9.jpg


これは前の2つよりデカくて、高さ7.2m、周囲が32.4mあるそうです。こんな大きな岩塊が土石流と一緒に流れてきたら、木造家屋や人間なんてひとたまりもないですよね(T_T)

20210504215041bc2.jpg


20210504215106840.jpg


富山内勤中は、カレーの食べ歩きばかりしていて、地質関係のスポットを見に行く事があまりなかったですけど、富山を離れる前に北陸のジオサイトを見て回るのもいいかも♪

202105042152043f5.jpg
スポンサーサイト



コメント

No title

こんな巨石が流れてきたら、今の家でもアウトですねΣ(・□・;)
こんな大石があちこちに点在していても、知らなければ気にせず素通りしちゃうと思います(-_-;)

No title

あらためて自然の力のすごさにビックリします。
実物を見たらもっとビックリするんでしょうね。

Re: No title

> すむナビさん
鉄筋コンクリート造りの建物でも大破するんじゃないですかね(@_@;) こんなのが流れてくるんですから、自然の力は凄いです。

Re: No title

> 彦爺さん
土石流の現場に行ったこともあるので、そんなにビックリすることは無いんですけど、江戸時代の農村にこんなのが流れてきたら、被害は凄かっただろうなって思います。

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

名古屋の老猫

Author:名古屋の老猫
名古屋と北陸地方を中心に食べ歩き、見て歩きをした記録を綴ってます。 

月別アーカイブ

訪問者カウンター