fc2ブログ

記事一覧

「ミシュランガイド北陸(富山・石川・福井) 2021 特別版」を分析してみた件( ・ิω・ิ)

5月21日に発売開始になったのが「ミシュランガイド北陸(富山・石川・福井) 2021 特別版」。老猫は、福井には年に1回くらいの頻度で観光に行くくらいなので、ほとんど飲食店の知識がありませんが、石川県と富山県はそれなりに食べ歩いているので、どんなお店が選ばれているのか興味津々。早速チェックしてみました_φ(・_・ 

※今回の記事は、いつも以上に長いですm(_ _)m

ミシュランガイドは、下から順にミシュランプレート、ビブグルマン、一つ星☆、二つ星☆☆、三つ星☆☆☆というランクに分けられていますが、どれくらいのお店に行ったことがあるのかチェックしてみましたキョロ(・_・。)(。・_・)キョロ

先ずはミシュランプレートから順に行ったことがあるお店を確認して行きます。店名の後のリンクは、そのお店の過去記事ですので、良かったら覗いてみてくださいm(_ _)m

ミシュランプレートは。「ミシュランの基準を満たした料理」という評価で。富山県が51軒、石川県が80軒です。

・海のめぐみ 粋鱗(富山市)
https://rouneko1968.blog.fc2.com/blog-entry-5898.html

・糸庄(富山市)
https://rouneko1968.blog.fc2.com/blog-entry-5185.html

・アオヤギ食堂(富山市)
https://rouneko1968.blog.fc2.com/blog-entry-6773.html

・谷中草庵(富山市)
https://rouneko1968.blog.fc2.com/blog-entry-5567.html

・バル コメドール ウニコ(富山市)
https://rouneko1968.blog.fc2.com/blog-entry-6625.html

・香港酒家 富紀(富山市)
https://rouneko1968.blog.fc2.com/blog-entry-6063.html

・柳の下 末弘軒(富山市)
https://rouneko1968.blog.fc2.com/blog-entry-4150.html

・そうめん金龍 大岩店(富山市)
https://rouneko1968.blog.fc2.com/blog-entry-6239.html

・アシルワード(金沢市)
https://rouneko1968.blog.fc2.com/blog-entry-4066.html

・オリゾンテ(輪島市)
https://rouneko1968.blog.fc2.com/blog-entry-1854.html 

このクラスだと普段使い出来るカレー屋やラーメン屋、町場のイタリアンなんかが入っているので、富山県だと15.7%、石川県の2.5%が訪問済です。

お次はビブグルマン。ビブグルマンは。「価格以上の満足感が得られる料理」。価格以上の満足感を味に求めるのか、量に求めるのか、インスタ映えに求めるのか、基準は人それぞれだと思いますけど、ミシュランガイドが選んだのは、富山県で23軒、石川県で48軒です。

・おでん高砂(金沢市)
https://rouneko1968.blog.fc2.com/blog-entry-2486.html

・中華そば つぼみ(富山市)
https://rouneko1968.blog.fc2.com/blog-entry-5606.html

・酒と人情料理 だい人(富山市)
https://rouneko1968.blog.fc2.com/blog-entry-3089.html

・スズキーマ(富山市)
https://rouneko1968.blog.fc2.com/blog-entry-6894.html

ミシュランプレートとの違いがよく分かりませんが、美味しい上に行列が出来たり、混雑している人気店が多いような気がします。石川県の訪問率は2.1%、富山県の訪問率は13.0%。訪問率の面でもミシュランプレートと大差はなさそうです_φ(・_・

次からはいよいよ星付きの発表です( ・ิω・ิ)

一つ星☆は、「近くに訪れたら行く価値のある優れた料理」という評価。富山県で16軒、石川県で26軒が選ばれていますが、老猫が行ったことがあるお店は0_(┐「ε:)_

このクラスになると予約が必要だったり、接待や記念日用の特別オーラが出てくるので、老猫には敷居が高いです。富山市のイタリアン「ひまわり食堂」と羽咋市のフランス料理「ラ・クロシェット」は、頑張れば行けそうですけど、どちらも予約必至なのと、おっちゃん一人では入りにくいジャンルですから難しいかな(^_^;)

◎二つ星 ☆☆は、「遠回りしてでも訪れる価値のある素晴らしい料理」という評価。富山県で4軒、石川県で12軒選ばれていますが、もちろん訪問率は0。高級寿司屋や懐石料理店なんかが多くて、このクラスだとランチで1万円、ディナーで3万円、公式ホームページで板長が料理に対するこだわりや美学を語っでたりします( ´ー`)y-~~

その値段を自腹で出すなら、リーズナブルなカレー屋や居酒屋に10回リピートする方を選ぶのが老猫の流儀です( ・ิω・ิ)

◎三つ星☆☆☆は、「そのために旅行する価値のある卓越した料理」。北陸3県で選ばれたのは、金沢市の日本料理小松ただ1軒。ちなみにこちらのお店は、15000円と22000円のコースだけだそうですけど、お酒をのんだら2〜3万円が最低価格って感じですかね。

ここまで読まれた方は、もうお分かりだと思いますが…

もちろん未訪問です_| ̄|○

分析した結果は、以下のとおりです。

・ミシュランプレートとビブグルマンは、カレーやラーメン、居酒屋とかの普段使い出来る気軽なお店も多いので、ノリ的には食べログとかグルメ情報誌に近いかも。

・食べ物の好みは好き好きで、掲載店以外にも美味しいお店は山ほどあるし、ミシュランになんて載せてもらいたくないというお店もあると懐いますが、いいお店を選ぶ参考にはなりそう。

・ビブグルマン以下と一つ星以上の間には、見えない壁というか巨大な断層が存在していて、星付き☆は、庶民にはなかなかハードルが高い。

・接待や特別なイベントとは無縁の老猫には敷居が高い星付き店ですが、このようなお店へのご招待なら「飲み会は絶対に断らない男(©前内閣広報官)」になりますので、お誘いは随時受付中です(←ここが大事)。

以上、ミシュランガイド北陸 2021」の分析結果でした。
スポンサーサイト



コメント

No title

考え方がほぼほぼ一緒です。(笑)
一つ星以上に高いお金を払うより、安くてそこそこうまい店を見つけることに価値観を見出してますから。^^

で、「飲み会は絶対に断らない男」、「男」ってとこがね~、「飲み会は絶対に断らない女」なら絶対に誘うんですが。(笑)

これ今年の流行語大賞に絶対入ってくると思います。
そして山田前内閣広報官には是非とも授賞式に出て欲しいと思います。^^

No title

☆付きは、縁がありませんから、ノーチェックです(笑)
宝くじでも当たったら考えますかね。

Re: No title

> 彦爺さん
コロナや東京オリンピック絡みの流行語も出そうですし、さすがに飲み会を絶対断らない女は、直に埋もれちゃうんじゃないですかね。

Re: No title

> すむナビさん
確かに宝くじに当たるか、だれかからお呼ばれでもしないと縁が無いのが星付きのお店ですよね♪

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

名古屋の老猫

Author:名古屋の老猫
名古屋と北陸地方を中心に食べ歩き、見て歩きをした記録を綴ってます。 

月別アーカイブ

訪問者カウンター