fc2ブログ

記事一覧

名古屋城の水堀でコブハクチョウさんを目撃(•ө•)♡

藤前干潟で昼間が大潮になるのは半月に1回。それ以外の時は、昼間に行っても一面水面下なので、そんな時に代わりに行ける野鳥観察スポットを開拓しようと行ってみたのが平和公園。平和公園というと集団墓地のイメージが強いですが、東山動植物園側(南側)は遊歩道とか自然公園になっているんですね。名古屋に半世紀住んでいるけど、今回調べるまで知らなかったです(^_^;)


平和公園+野鳥で検索すると野鳥の会の観察コースの地図が載っていたので、それを参考にして散策してみました。散策路に入るとすぐにきれいな鳴き声が聞こえてきたので、周りを見るとシジュウカラさんを発見ヮ(゚д゚)ォ!


20220908065752316.jpg


いきなり野鳥と遭遇出来て幸先が良いなと思ったのですが、どうやらこれはビギナーズラックだったようで、この後は全然野鳥さんに会えません。しかも途中で赤目玉級の大雨に遭遇してびしょ濡れになってしまったのでテンションもだだ下がり_(┐「ε:)_


これ以上平和公園でバードウォッチングをするのを諦めて、名城公園から名古屋城にかけてのエリアに移動しました。なのですが、こちらでもめぼしい成果は得られません。こりゃ今日はダメかなと思いかけた時、名古屋城の水掘りに土嚢袋のような白い塊を発見。


20220908065855516.jpg


20220908065911d33.jpg


何だろうと思い望遠カメラで見てみるとハクチョウさんみたいヮ(゚д゚)ォ!


20220908065941654.jpg


ハクチョウの渡りの季節でも無いし、1羽だけポツンといるし、どういうこと(・・?


と思って調べてみると、1978年に名古屋城のPRなどを担う財団法人「名古屋城振興協会」から2羽の寄贈を受けたコブハクチョウが繁殖した末裔みたい。1995年には20羽まで増えたそうですが、その後は高齢化で数が減っていき、現在では1羽だけが残っているそうです。


20220908070026f4a.jpg


20220908070038988.jpg


関連記事を探してみると少なくとも2009年までは2羽いて、産卵しているという記事が確認出来ましたが、いつからか1羽になってしまったようです。

お堀にいればそんなに外敵もいないだろうし、餌はそれなりにありそうだし、遠くまで渡りをするのは体力が要るし、余生を名古屋城のお堀でのんびり過ごすことに決めたのかもしれないですね。


202209080700524be.jpg


周りを気にせず1羽でのんびり(だらだら?)と過ごしているコハクチョウさんを見て、定年後の姿を見ているような気がした老猫。名古屋城の空堀には鹿が住んでいて、こちらも現在では一頭になってしまったようなので、老後のおひとり様生活についてコブハクチョウさんと鹿さんと老猫で三者会談でもしてみますか。

スポンサーサイト



コメント

No title

その三者会談に私もプラスして四者会談にしてくださいな。
来年65歳から一人暮らしの名古屋市民になることに決心しましたので。^^

No title

定年後ですか。
とても遠い、縁のない話かと思ってましたが、なんとなく、先が見える域に入ってきちゃいましたね(-_-;)

Re: No title

> 彦爺さん
冬季限定の避寒じゃなくて移住ですか(@_@)
そりゃ会談も必要になりますね。

Re: No title

> すむナビさん
いつまで働くかにもよりますけど、再雇用を選んでもそんなに先のことじゃなくなってきましたよ。

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

名古屋の老猫

Author:名古屋の老猫
名古屋と北陸地方を中心に食べ歩き、見て歩きをした記録を綴ってます。 

月別アーカイブ

訪問者カウンター