fc2ブログ

記事一覧

矢勝川堤の彼岸花は今が見頃\(^o^)/

お彼岸の時期に咲く花の代表といえば、その名のとおり彼岸花ですが、愛知県西部で彼岸花の名所として名高いのが半田市岩滑地区の矢勝川。岩滑地区は、童話作家の新美南吉が生まれ育った場所で、この土地の風景が彼の童話の舞台にもなっています。


矢勝川堤の彼岸花は、童話「ごんぎつね」に書かれた「ひがん花が赤い布のようにさきつづいていました」という描写を再現しようと1990年に地域の方が主体となって彼岸花の球根を植栽したのが始まりで、現在では300万本にもなっているそうです_φ(・_・


老猫は2016年に一度見に行っていますが、その時は公募で選ばれたカップルが結婚式を挙げた後、彼岸花が咲く堤を人力車で花嫁行列をするのに立ち会いましたが、それ以来の再訪です。


202209270633505b3.jpg


20220927063415de3.jpg


9月25日に行ってみると、場所によってはまだ蕾が多い所もありましたが、一面が真っ赤な絨毯で覆われているようでちょうど見頃。彼岸花の見頃はそんなに長く続かないようなので、今週末くらいまでが見頃じゃないかと思います。


202209270634569d6.jpg


ちょうどいいタイミングに来れてテンションが上がった老猫は、「ひがん花が赤い布のようにさきつづく」風景を激写( -_[◎]oパチリ


2022092706353495e.jpg


20220927063603efd.jpg


富山のいたち川沿いの彼岸花もかなり綺麗ですし、去年の秋に見に行った金沢市野町にある香林寺の白い彼岸花も綺麗でしたが、老猫の知る限りでは、矢勝川の彼岸花が一番規模が大きくて見事です( ー`дー´)キリッ


20220927063644538.jpg


20220927063659b10.jpg


ただ、今回気になったのは東南アジア系(言葉の感じからするとベトナム人?)の集団が何組もいて、コスプレをしたモデルのお姉さんを彼岸花が咲いている所に立たせて写真撮影会をしていたこと。日本人だと花が咲いている所にずかずか立ち入ったりしませんが、文化の違いなのかそんなことは気にならないみたい(^_^;)


2022092706391556b.jpg


さすがにクレームがたくさん出ていたようで、パトロールをしている事務局らしき人が注意して退去させていました。


10月からは海外からの渡航制限が緩和されるみたいですけど、コロナ前の京都や金沢(ひがし茶屋街や近江町市場)みたいにインバウンド客でめちゃくちゃ混雑して、あちこちで立ち食いした後のゴミを捨てたり、ルールを無視で映える写真を撮ろうとしたりする残念な風景が展開されることになるんですかね…


コロナが落ち着いてきたのは嬉しいけど、またあんな光景が展開されると思うとちょっとうんざりかも┐(´д`)┌

スポンサーサイト



コメント

No title

私も一昨年、ココ見に行きましたが、ほんと見事ですよね~。感激しました。

で、次は老猫さんが公募で選ばれ、結婚式を挙げた後、彼岸花が咲く堤を人力車で花嫁行列をする番なのかな~?。^^

No title

ココ凄いですね~。
埼玉でも有名なところがありますが、未だ行った事がありません(-_-;)
これだけの彼岸花、この目で見てみたいです。

Re: No title

> 彦爺さん
一面が赤い絨毯みたいで本当に綺麗ですよね♪
今の会社をクビになって花嫁行列の人力車を引くことはあっても、花嫁と乗ることはないかと(^_^;)

Re: No title

> すむナビさん
ここは本当に見事ですよ♪
秋だとコスモス畑もきれいですけど、彼岸花の妖しい赤色も見応えがありますね。

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

名古屋の老猫

Author:名古屋の老猫
名古屋と北陸地方を中心に食べ歩き、見て歩きをした記録を綴ってます。 

月別アーカイブ

訪問者カウンター