fc2ブログ

記事一覧

上越新幹線物語1979


今日読んだ本は、北川修三さんの「上越新幹線物語1979」。

老猫は上越新幹線に乗ったことがないので分からないのですが、中山トンネルの中に通常より半径の小さいカーブがあって、そこを通る時は最高速度で走行出来ないのでスピードダウンするそうですφ(..)

何故そんな事になっているかというと、中山トンネルの施工時に地質の悪さや大量湧水による竪坑の水没により、施工途中にルートを変更せざるを得なくなったからだそうです。

この本は、鉄建公団の建設所長として現場を指揮された北川さんの(自叙伝+トンネル工事誌+プロジェクトX)÷3って感じです。

土木や地質の専門知識があった方が理解はしやすいけど、一般向けに書かれているのでプロジェクトXを見るくらいの軽い気持ちで読むと意外と面白いかも。BGMに中島みゆきが流れてくること請け合いです(^-^)v

以上、たまには仕事関係の本も読んでいるというアリバイでした(-。-)y-~
スポンサーサイト



コメント

No title

上越新幹線は、震災の丁度一カ月前に初めて乗りました。
この話を知っていたら、もっと楽しい旅になったかも・・・
昔高倉健さん主演でしたっけ?「海峡」とかって映画ありませんでした?青函トンネルの物語・・・これ思い出しました。
施工にあたり、想像を絶するようなご苦労があったんでしょうね!
映画になったりして。。。

No title

チロルさん
映画で言えば石原裕次郎の黒部の太陽が有名ですよね。大スクリーンで見てもらいたいという本人の希望で、テレビ放送やDVD 化はされていないみたいですけど。

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

名古屋の老猫

Author:名古屋の老猫
名古屋と北陸地方を中心に食べ歩き、見て歩きをした記録を綴ってます。 

月別アーカイブ

訪問者カウンター