fc2ブログ

記事一覧

名古屋市美術館 開館35周年記念「福田美蘭 ー美術って、なに?」展♪

名古屋に戻った時に見に行ったのが、名古屋市美術館で開催していた「開館35周年記念 福田美蘭 ー美術って、なに?」展。その内に見に行こうと思っていたら静岡出張になってしまったので、これが会期末前の最後のチャンス。取り敢えず野鳥観察を後回しにして行ってきました。


20231117192241204.jpg


202311171923166e7.jpg



公式HPによると『現代社会が抱える問題に鋭く切り込み、ときにユーモアを添えて絵画化して見せたり、意識して「もの」を見ることを促したり、東西の美術、日本の伝統、文化を、意表を突くような手法であらわしたりして、私たちの既成概念を打ち破ってきました。』だそうです_φ(・_・


会場内の作品は、ほとんどが撮影OKだったので、その中で老猫のツボにハマった作品をご紹介します。


《ポーズの途中に休憩するモデル》


20231117192450681.jpg


《見返り美人 鏡面群像図》


2023111719251893f.jpg



前者はレオナルド・ダ・ヴィンチの《モナ・リザ》が元ネタですけど、絵を描いている途中にモデルが休憩している所を画家の視点からみたという視点の転換が面白いです。後者は、菱川師宣の《見返り美人図》が元ネタ。師宣好みの美人を鏡に写したらいっぱい増えちゃったって感じですかね。


こちらは東洲斎写楽の《三代目佐野川市松の祇園町の白人おなよ》と《三代目大谷鬼次の奴江戸兵衛》が元ネタ。


20231117192623aa9.jpg


20231117192637ea7.jpg



実際に写楽が見ていた二人はこんな感じなのではと写実的に描いた作品ですけど、今だったらAIで過去の偉人の肖像画から実物を復元なんてやってるから、それの絵画版ですね( ゚д゚)ハッ!


こちらはレオナルド・ダ・ヴィンチの《聖アンナと聖母子》、サンドロ・ボッティチェリの《ラ・プリマヴェーラ》の中にいる人物の視点から見たらどう見えるかという作品ですけど、元ネタの構図は名画でも、こちらはなかなか不気味です(笑)


20231117192719bb0.jpg


20231117192734531.jpg


9・11米国同時多発テロ事件、アルカイーダとの対テロ戦争、プーチン大統領の独裁とロシアによるウクライナへの軍事侵攻などの政治的・社会的な題材も取り上げています。


20231117192804a14.jpg


202311171928183a3.jpg


20231117192837cd1.jpg



老猫は、コンセプト先行型の現代アートが苦手ですけど、福田美蘭さんの作品は具象的でかつ作品の背景にある思想とかも老猫が理解・共感できるものでした。

元ネタをパクってるやんけと突っ込んでみるのも面白いし、視点を変えるとか絵画の実写化なんていうAIの先取りみたいな作品もあるし、災害や戦争をモチーフにした作品もあるしで、「美術って、なに?」と考えながら見て回ると面白いんじゃないかなって思う老猫なのでした。




スポンサーサイト



コメント

No title

このポスターは地下鉄などでよく見かけます。
こんな感じの作品展だったんですね。
ポスターの印象ではうな重の精密模型とか、そっち系の作品展かと思ってたんですが、風刺画とかもある展示だったんですね。^^

Re: No title

> 彦爺さん
あちこちにポスターが貼ってあったせいか、現代の美術家の個展にしては、たくさんお客さんが入っていましたよ♪

No title

巡回しないかとググってみたけど…( ;∀;)

福田美蘭( ..)φメモメモ
観てみたいので、気にしてチェックしていきます。

Re: No title

> すむナビさん
たまに大規模な個展が開催されているみたいなので、機会があったら是非見に行ってみてください。
現代美術が苦手な老猫でも楽しめました♪

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

名古屋の老猫

Author:名古屋の老猫
名古屋と北陸地方を中心に食べ歩き、見て歩きをした記録を綴ってます。 

月別アーカイブ

訪問者カウンター